キャッシングローンについて

銀行でカードを作るときに、「ショッピング機能だけにするか」「キャッシング機能も付随させておくか」ということが選べるかと思います。自動的にキャッシング機能もあったほうが便利かな、とキャッシング機能を付ける方も多いのではないでしょうか。キャッシングローンとは、カードで指定のATMやコンビニの専用機械から現金が降ろせて、ようするに自分の口座に入っていなくてもお金が借りられてしまう、というわけなんですね。安易に使うと、恐ろしいことになってしまうかもしれません。とはいえ、キャッシングローンって、他のローンとどこが違うの?なんて思ったりしませんか?そこでここでは、「キャッシングローン」と「クレジットカードや銀行のカードローン」の違いについて、研究してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

<キャッシング機能とカードローンの機能はどういうものか?>

キャッシング機能というのは、ATMや指定の機械でカードさえあれば簡単にお金が引き出せてしまうという昨日です。一般的にカードを使ったら、翌月一括払いで借りたお金を返済することとなります。会社によっては翌月一括払い以外に、リボ払いができたりもするようです。

 

カードローンは、キャッシングを同じく、カードを使ってATMや直接銀行や金融業者の窓口でお金を借りることができますが、返済は一般的に一括払いではなく、分割(リボ)払いとなるようです。 銀行のキャッシュカードでは、自分の定期預金を担保に9割までのお金を借りられるわけですが、それ以上のお金を借りる場合はカードローンを申し込むことになります。また銀行カードローンの場合、無担保、無保証で借りられるわけですね。

 

キャッシングローンの場合は、お金を借りるための専用カードでお金を借りることとなり、発行元はクレジットカード会社や信販会社、消費者金融となります。申込をして審査に通れば、カードが届いたらすぐに借りることもできますし、また届く前にどうしてもお金が必要な場合は、自分の銀行口座に必要な金額を振り込んでもらえることができる便利なものです。

 

<キャッシングローンの返済方法は?>

銀行のカードローンでは、一般的にリボ払い(もちろん一括や臨時返済もできるようです)ですが、キャッシングローンの返済方法は一般的に翌月一括払いのところが多いようです。
その他にも、短期一括払い(1週間未満の融資)などもあり、その場合は5日後に借りたお金と手数料などが一括で口座から引き落とされたりするわけです。もちろん、設定によっては分割払いもありますから、自分の借りる金額や経済状況に合わせて返済計画を考えるのが良いかと思います。心配であれば、キャッシング会社のカスタマーセンターに相談してみてもよいかもしれません。分割の場合は、やはりそれだけ手数料も払い続けるわけですし、利子も発生しますので、できれば短い期間で返済するようにしたいですよね。

 

<キャッシングローンの金利や手数料はどうなっているの?>

キャッシングローンは、だいたい年に8−30%弱の利息が残高にかかってくる形になります。例えば100万円を借りたら、130万円を返済するわけになるわけですね。しかも毎月残高に対してかかるので、残高が多ければ多いほど、払わなければならない手数料も高いというわけなんです。これは、カードローンでも同じ状態です。キャッシングローンの場合、翌月払いまたは翌々月一括払いなどであれば、だいたい28%の利子がつくようですから、10万円借りると128000円かかるわけです。

 

キャッシングローンを利用する場合は、できればなるべく早く返し、短期一括払いなどでは金利が高くなって躊躇されるかもしれませんが、実際には借りる期間が短いので利子が一番安くなる方法になるのですね。金利が高いのが心配であれば、キャッシングローンではなく銀行のローンなどを視野に入れるのをお勧めします。

 

主婦の借入について

専業主婦キャッシングは難しいとされています。収入がない主婦には融資はできないというスタンスのところもあれば、現状一定の収入と借入額が低ければ申込みは可能という会社もあります。後は属性やお金の管理をきちんとしているなら借りれるでしょう。

 

※参考URL:www.antonius-meat.com